r-note

1月26日(日)ー2月1日(土)の日記

f0119425_17275444.jpg



エンドルフィンが分泌される感覚。気持ちいいったら仕方ない。

お花畑になった脳みそに、春色の小さな花が舞っている。

クラウディオ・アバド指揮のブランデンブルク

たくやさんも耳に留めてパソコンの前にやってくる。

「いいね」「うん」短い会話。

モーツァルトのレクイエムも素晴らしかった。重く真に迫るという感じではなく、

昇華してゆくような感覚。「ほおー」「うん」と返事を打った後に

またじっくりと聴いて「これは若い頃だったらわからなかったかもしれないね、

僕たちお年とったのね」とたくやさん。確かに、血を流すキリスト像より、

微笑む仏像に心を奪われるようになったし、ビーフシチューより繊細な

タンシチューを好むようになった。かつお出汁の旨さが沁みるお年頃だ。


ボレロの演奏は最後、楽団員から叫び声が上がっている。

楽団員ではないけど、その気持ちわかるな・・。



f0119425_16312382.jpg


改札口の向こうに、小さく手を振るbellさまの細いシルエットを見つける。

久しぶりの鎌倉、久しぶりのbellさまのお顔。

宗達に向かう。お出汁の専門店。

お茶の代わりに出して下さるお出汁は香りがやさしくて、ほっとする。

お煎茶とおでん定食をごちそうになり、たくさんのおしゃべり。

日本酒を手にbellさま宅へ。

暖を取るために炭をおこして下さった。

お酒も口を緩めるけれど、肩を寄せて炭の火色を見つめて過ごす夜は、

心が緩んで秘密にしていたことも、ぽつりぽつり話してしまいそう。

T氏によるすばらしいマリネやお刺身、bellさまのお煮しめ、ワインに

日本酒をおやさしいごY夫妻と囲むうち、口は緩みまくり、あまりの楽しさ

嬉しさに帰ることを忘れてしまいました。


f0119425_17265402.jpg



きっかけは一つではないのだろうな。

腹を切ったせいか、怒ることもなく妙に穏やかになり、穏やかと言えば

聞こえはいいが、ふるい立てず、このままの性格で人生を過ごすんだろうか、

と憂いてもいたがその時は去った。

お酒より、豆乳やほうじ茶がおいしかった時期も過ぎ去った。

あっさりしたものしか口にできずにいた時期も過ぎ去った。

登ったり下ったりを繰り返しながら、今思えば、いくつもの小さなきっかけの、積み重ねで戻ってきた。

もとの地点に戻ったのかと言えばそれも違う。登り下りのなかで自分を縛っていたあらゆる糸

も切れたらしく、このところは、怒髪の不動明王の姿に似た炎を内に感じる。

風通しがよくなったのか、燃えている。さて、ここからですな。頑張るぞー!


f0119425_17272631.jpg


IさんとTちゃんを地下鉄の改札口まで迎えにゆく。

心が弾む。待ちわびることってなんていいんだろう。

一番に弾むのは、国際線で帰ってくる人をゲートで待っている時間だけれど、

地下鉄だって、弾む。階段を上ってくる二人の姿を見つけた時、嬉しかったな。

拙宅で旧正月。濃密な時間を過ごしてはたと時計を見上げると、終電の時間。

お酒を吞まないたくやさんは途中から、食卓の様子を見て、ぬか漬けや

こんにゃくの肴などを出してくれる。

今週二度目の酒宴は、泣いたり笑ったり明け方近くまで。みんなタフだなあ。






26日のごはん


かぼちゃ煮

豆餅

中華とろみスープ


f0119425_17504373.jpg


おやつ


味噌ピーナッツ


f0119425_17322971.jpg

おやつ


出来立て飴色タマネギのあっさりカレー


f0119425_17515456.jpg

夕ご飯

にらのチヂム

アボカドとじゃこの厚揚げ

ふろふき大根


f0119425_17523120.jpg


アボガドとじゃこと厚揚げの組み合わせは、なかなかおいしかった。

うむー、大体は、素材に反応して作るかっこ良く言えば即興性の高い料理が

得意だけれど、再現性はうんと低い。どうやって、作ったのか、覚えておりません。

じゃこはごま油で炒めたような記憶・・・。


f0119425_17524032.jpg

27日のごはん


お昼ご飯

鎌倉の宗達(出汁屋さん)で、おでん定食。 bell mamaと。


f0119425_18011752.jpg


夜はタカハシ家のすばらしき宴。

おいしかったなあ。ごちそうさまでした!


f0119425_18010550.jpg

f0119425_18014777.jpg



29日のごはん


昼ご飯

とろろなっとう

大根葉の炒め物

大根の皮の漬物

鮭フレーク

昆布巻き

油揚げと長ネギのお味噌汁、ごはん


三浦大根の葉はやわらかくておいしかったです。


f0119425_18044738.jpg

f0119425_18051317.jpg


夕ご飯

たくやさんのリクエストにより”ほうとう”。


f0119425_18045476.jpg


30日のごはん


昼ご飯

夕べのほうとうの残りに、野菜を加え、

白玉粉と小麦粉を半々にした生地で、すいとんを作る。

白玉粉5:小麦粉5の割合で練ったけれど、

すいとんの舌触りにもう少し素朴さが欲しいので、

白玉粉3:小麦粉7くらいでよいかも。


f0119425_18052990.jpg


夕ご飯

ニラと海鮮のチヂミ

もやしの焼きそば

若芽酢


f0119425_18054445.jpg



31日のごはん

昼ご飯

きざみキツネ蕎麦

若芽酢

大根菜炒め


f0119425_18055369.jpg


夕ご飯


油揚げに大根菜詰め

鮭かま焼き

ふろふき大根

若芽酢

い飯し


f0119425_18060310.jpg

諸事情により、オム蕎麦


f0119425_18061350.jpg


2月1日のごはん


春菊の胡麻和え

根三つ葉の煮浸し

い飯し

チーズなど、ちょこちょこ肴

里芋、干し椎茸、手羽中の煮物

長芋ぬかづけ

ハツ炒め、シャンツァイ付け

汁物 など





[PR]
by rika_okubo7 | 2014-02-19 12:01 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://ricarica.exblog.jp/tb/21448384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from O, Sancta si.. at 2014-02-24 06:52
タイトル : 刺身ぱーちー
リカエルとチャチャ亭さんご夫妻を呼んで、恒例の刺身パーチーです。連休前のまるいちは今ひとつ魚が少なくて、キンメとメバルぐらい。その二つとめかぶを買い、三崎君栄丸でしらすの沖漬け、鎌倉に戻って鎌万で活スルメイカが、以上が今日のラインナップ。写真は一部リカエル(キャメラマン)。つくりおき定番イワシのマリネ野菜てんこ盛り。ダークホースだったのはスルメイカ!ぷりぷりでうまい。ちょいと丁寧にお造り。キンメたっぷり。おっとメバルもしらすもめかぶも撮り忘れてる…。 そしてチャチャ亭さんのお土産はなんと口子!数十キ...... more
Commented by stcl at 2014-02-24 06:54
昨日はお世話様でした。おみやげもありがとう。
Commented by rika_okubo7 at 2014-02-26 20:25
stclさん
bellmama疲れになっていませんか。たまに東京に遊びに連れてきてくださいませ。