r-note

「上条の ヤサイ/ジュース」の三浦大根

f0119425_1935847.jpg


大根の葉っぱは大好きだけれど、一晩でも放置すれば黄色くなり、
黄色になれば傷んでいるもの、食べられないものと、
それらの葉をちぎって捨てていた。

鎌倉の「上条ヤサイ/ジュース」の上条かおりさんから伺ったお話は
それまでの思い込みとは全く違っていた。
「黄色くなっているけれど葉っぱも美味しい」とおっしゃる。
そう聞けば食べてみたいと心が動くもの。
大きな三浦大根をリュックに入れて持ち帰る。
調理の前におそるおそる黄色い葉を口に含みゆっくりと噛みしめる。
セロリの芯の辺りの香りと苦みにすこし似ている、大根というよりもなにか
しみじみとした味。そう、「枯れた味」ってこういうことなんだろうか。


f0119425_20124649.jpg


三浦大根の葉の和え物。
大根の葉っぱを細かく切って、から煎りする。
水分が飛んだらボールに取り出しておく。
鍋にたっぷりめにごま油を敷き、大きめのジャコとごまを加えて
炒める。好みでお醤油をたらり。
取り出しておいた大根の葉っぱと和える。
葉は火を通すと甘みが引き出されて、なんとも優しい味。


もちろん大根本体も頂きます。
水と日本酒と塩でコトコト煮た「三浦大根と豚肉のスウプ」。
何か物足りなかったので、最後に「梅昆布茶」を加えてみると決まった。


f0119425_20175471.jpg



三浦大根殿のおかげでなんとも豊かな気持ちのお昼ごはん。
そういえば上条さんは尊敬するものを見つめるように三浦大根
の前に立って、お話下さった。
上条さんの眼差しの向こうにはきっと、大根が育ってきた土や空
それから生産者さんの姿もあるのだと思う。
ああ、地元にあんなお店があったなら毎日通うだろうになあ。
ニンニクや金柑やトマトを目の前にして胸を熱くしたい。

f0119425_20285587.jpg


幸せなお昼ごはん。
おいしかったなあ。

上条のヤサイ/ジュース
鎌倉市御成町12−8ノア鎌倉2F
Open10:00~18:00 木曜 お休み
鎌倉西口近くです。

[PR]
by rika_okubo7 | 2011-02-06 20:41