r-note

8月16日記 / お祭り

f0119425_4154334.jpg


今年の深川八幡祭りは奉納だけに終わり、一つの神輿も出ず、
お囃子も響くことなくそれはひっそりとして、寂しいものだった。
けれど、その不在が震災での出来事を思い出させ、祈りは東北へと向かう。

祭りを奉納に限ったことは、多くを神に祈るしかなかった時代を思い出させ、
また自分たちの力ではどうにもならないことがあることを噛み締めさせもする。
実際、いつ大きな地震が起きるかわからない地の上に暮らす私たちは
祈ることしかできない。

奉納がわたしたちの為にあるものではないことは知ってはいたけれど、
カラダで納得したのは、初めてかもしれないなあ。






朝 T 鰹のお刺身 椎茸のうま煮 オクラの茗荷の納豆 ぬか漬け

f0119425_11421785.jpg


鰹は長崎で捕れたものだった。まだ戻ってきてないだろうし、長崎の海で
遊んでいたんだろうか。腹側にしてはあっさりの脂。香りは良かったな。

  私 昨日のお夕飯の鱸のタイ風スウプにお素麺を足して。
    Tの鰹を一切れもらう。
f0119425_535964.jpg


夜 舌平目のムニエル トマトと赤タマネギのドレッシング(レタスに掛けて)
  パン 縮緬じゃこのスパゲティ 

  骨の旨味を肉に移すようにじっくり焼く、っていうのは分かって
  いたんだけど、うまくいかなかったんだなあ。
  及第点上げられないな。ごめんね、舌平目さん。

f0119425_541332.jpg



夕日に映える、トマト。
f0119425_5422399.jpg

[PR]
by rika_okubo7 | 2011-08-17 05:43