r-note

疼痛日記 9月17日記 

クリニックへ行った母が心配。
朝、はつらつとした声で出かけて行ったけれど、そうでもしないと
気持ちが持たないのだろうなあ。あの真っ黒な足首を思い出すと、
いたたまれなくなる。手術となれば、三回目か。また脚全体だと
したら、あまりにも可哀想だ。

午後連絡あって、大丈夫だとのこと。ほっとする。
遅い午後に連絡があって、あれは嘘だったのこと。なにい?
検査結果は一週間後にわかるとのこと。わたしに心配かけたく
なかったといわれて、何もいえなくなる。よい結果でありますように。
母の若い友だちの、ちずちゃんから電話あり。母と連絡が取れない
らしい。検査結果が心配で私に訊ねてきたけれど、こちらは疼痛タイム
に入っていてろくにしゃべることができない。
母にはいいお友達がいっぱいいて、安心する。ありがたいなあ。

夜の痛みは以前ほどではない。
鎮痛剤は極力飲まないようにしている。どのくらいの痛みがどこに
あるのかわからなくなるから。
動くときはとにかく水平移動。早足禁止、もちろん走るのは厳禁。
寝ている子は起こさない。

熱は37度と少し。
食事は果物。
ヨクキクノミモノは相変わらず重い。
[PR]
by rika_okubo7 | 2013-09-29 18:04