r-note

10月25日記 / 近代美術館へ

f0119425_13533082.jpg


企画展のない美術館は静かだった。
近代美術館の常設で鳥海青児をみられるかもしれないと訪ねたけれど残念。
ここの常設はたっぷりしているから、散歩の途中疲れたら息抜きに寄るにもよい。
お気に入りの、クレーの花ひらく木をめぐる抽象や岸田劉生の自画像に会えた。
靉光、松本竣介、麻生三郎と同じ室に、藤田嗣治の”アッツ島玉砕”が展示されていた。
今まで何度かこの絵を目にしたことがあったけれど、しっかり見詰めたことはなかった。
秋山清 白い花
[PR]
by rika_okubo7 | 2013-11-06 00:54