r-note

11月20日記 / 無理はしないことにする

f0119425_15552152.jpg



ゆっくり歩いて近所のスーパーへ。

靴はリーボックのeasy tone.

反発があるから、足にも傷にもあまり響かない。

空はすっかり青く抜けてよいお天気。

橋を渡る時、きらっきらした光が紅く色づいた木の葉を照らしていた。

いつの間にか、晩秋のよい景色になっていたのだなあ。


ここ数日調子がよくない。

上がったり下がったりしながら日常に戻ってゆくのは頭ではわかっていても、

ちょっと憂鬱だ。

体の無理はやめて、いたわってあげることにした。

ともだちや、母やたくやさんが心配してくれているのに暴走気味だった。

本人はじぶんの体をある程度知っているけれど、みんながはらはらしていることをわかっていなかった。

ごめんなさい。


母から電話。このところ寝ていることが多いから一応は気をつかって、

「今日はどう?具合はよいの?いまちょっと話していても大丈夫?」と様子を伺っている。

大丈夫よと言うと、なにか素晴らしいことを見つけた人の声で、

「あなた、中おちって知ってる?」と言った。

「まぐろの中おち。お母さん知らなかったの」

(知ってると思う一緒に食べてるから、とは言えずに電話口で頷く。)

「おいしいのねえ。ピンクのまぐろ憶えているでしょう?あれと同じお味。そのおいしい中おちが、

500円だったのよー。夕方、2000円のを500円にしてくれたの、魚屋のお兄さん。

おかあさんはね、とってもラッキーな人生だと思う」と一息に話すと、次には仕事の話に移り

「あなたが弱ってね、おかあさんしっかりしたの。耳鼻咽喉科と脳外科にも行ってね調べてきたわよ。

まだまだ大丈夫ですって」と自信にみちた声を出す。

あまり長く話すと疲れるからといって、電話を切ったけれど、やっぱり母の明るさに私は救われている。







f0119425_15324446.jpg

20の昼ご飯
中華おこわ
アラメの炒め物
レンコンの炒め物
切り干し大根の酢の物
梅干し
じゃがいもとタマネギのお味噌汁

わたしはお味噌汁とおかずを少しつまむ

f0119425_15325835.jpg
夕ご飯
カレーとポテトサラダ


f0119425_15331337.jpg
21日のお昼ごはん
たくやさん 外食
わたし 玄米スープで使った玄米を出汁で煮詰めて
葛でとろみをつけた。
なかなかおいしい。
それになによりも体にやさしい。

f0119425_15332317.jpg

夕ご飯
きりたんぽ鍋
糸こんにゃくが、意外にも合った。
若芽酢
銀杏

f0119425_15333355.jpg

とろとろのきりたんぽ、美味。







[PR]
by rika_okubo7 | 2013-12-13 15:42