r-note

1月10日(金)ー1月11日(土)

f0119425_08392822.jpg

きのうの夜作った”ほうれん草とじゃこ”のスパゲティが、よろしくないお味だった。

特にほうれん草の具合がよろしくなくて、しかも”こうしたらあんまりおいしくないかも”と

思いつつ手抜きをした結果、まったくよろしくないことになった。

めらめらとして「明日のお昼、パスタのおいしいの食べに行かない?」とたくやさんを

誘うと、珍しく縦に首を振る。

すぐさま閉店間際のクラッティーニに電話をして予約。めらめら。


めらめらのまま、東銀座のクラッティーニへ。

パスタ三品を二人でシェアして、ぎらぎらと食べる。おいしかった。珍しかった。

覚え書き(といっても随分忘れているけれど)。

☆西洋風けんちんの手打ちパスタ。

牛蒡、人参など馴染みの根菜に、魚介の出汁が効いたスープ。セロリの葉の香りと豆の食感がアクセント。

手打ちパスタは、ラザニアのように板状に伸ばした生地を食べやすい大きさの正方形に切り分けたもの。

☆ほうれん草とするめいかのパスタ。

複雑な魚介味。するめいかだけの出汁とは思えない。熱燗にも合いそうだな・・。

ロングパスタがおいしい。たぶん断面は正方形。60センチはあると思われるパスタを二つに折って

使っていたけど、どこのものだろ。

☆アマトリチャーナ

フレッシュ感満載のトマトソースに塩豚とパルメジャーノがたっぷりからまっている。

仕上げにポーチドエッグ。


手がこんでいるし、繊細。その上食材の組み合わせがおもしろかった。

どうやらたくやさんには量は物足りなく、しかもパスタはやりすぎという感想だったらしい。

どちらかというと女子向けなのかもなあ。けれど、私は十分におべんちょうをした。めらめら。

ごぼうのスープもたくさんの食材を使った巣ごもり風のサラダもおいしかった。

クラッティーニは野菜もおいしいなあ。

あ、パスタの温度も最高でありんす。


お正月に浅草寺に参拝に来たのは、何年かぶり。

まずは浅草寺さんから。

その後、11月にKちゃんに案内してもらったのを思い出しながら、境内の神様にご挨拶をして歩く。

浅草寺さんの境内がこんなにも広いということに、改めて驚く。迷子になるくらいだ。

それに、なんとも言えず楽しい。


f0119425_08394738.jpg
f0119425_08400377.jpg

Tちゃんと横浜へ。Kさんのグループ展。

あらたまった場所で会うのは、どうしてあんなにも恥ずかしいことなのでしょうか。

ガラスのドアの向こうにKさんの姿を確認したとたん、くるりと踵を返して帰りたくなったくらいだ。

Kさんの作品は言葉になる前のものだと感じるから、こちらも言葉以前のところに立って、みる。

生理的に訴えてくるというのとはまた違うのだけど、なんだろう。そうだ、翁面のぽっかり開いた

目の奥にみえる宇宙的なこと、それに似たような感覚を平面の作品から覚える。


中華街で立ち食い、角煮まんを一つずつ。台湾料理の店で、ビール、老酒、食べ物ちょこちょこ。

お店を出て、また肉まん。銀座に戻って高級立ち飲み”しまだ”でお酒と肴。お腹いっぱいだから

もう帰ろうと帰らないくせに言うと、海賊バーに行って強い酒でもあおって胃を動かす?と

Tちゃんの提案。いやいやそこまでは。

どうやら江戸っ子は蕎麦か寿司で〆なければ気が済まないらしく、蕎麦屋へ。

移動中、ガード下の寿司屋”まぐろ一代”の板場を覗くTちゃんの”やっぱり入ろうかな”と迷っている

背中はなんだか愛らしくもあった。板場の早川サンと話したかったのかな。

〆は蕎麦と日本酒、野沢菜に生キャベツ。

生キャベツがさっっぱりして最高においしかった。さすが胃薬の素。

今年から飲食他なんでも控えめにという二人の誓いはどこへいった・・・。









10日のごはん

昼ご飯
クラッティーニでパスタランチ。

夕ご飯

ほうれん草のソテー
魚介のリゾット
f0119425_08404431.jpg

11日のごはん

キムチチャーハン
玉子のスープ
f0119425_09103329.jpg

横浜で台湾料理。

f0119425_17341975.jpg

f0119425_09104790.jpg

f0119425_09105635.jpg

銀座の立ち飲み”しまだ”はお酒は安いし、お料理は料亭並み。
一緒に来たいお友達の顔を浮かべる。





[PR]
by rika_okubo7 | 2014-02-10 14:11