r-note

3月1日(土)から3月4日(火)までの日記

f0119425_17345163.jpg

”こんどのお母さんのメールはまたすごいよ。関西人になっちゃったのかな”とたくやさん。

どれどれと携帯の文面を見せてもらうと「お誕生日おめでとうさん」と始まっている。

その後に続く文章も、何かヘンだ。


今年の母からたくやさんへの誕生日プレゼントは、ドイツ製の真っ赤な鍋。

鍋、ねえ。と二人とも少し戸惑ったけれど、私においしいもの作ってもらって

下さいという意味らしい。


眠くて眠くて二度三度文面を消しているうちに、何を書いているかわからなく

なったと言っていたけれど、朝の連ドラ「ごちそうさん」の夢を見るほどのファンだから、

そのせいで関西人になってしまったのかもな。「ありがとうさん」。


f0119425_17293534.jpg



「なにか食べたいものある?中華おこわとか。お赤飯は好きじゃないでしょ」

「お赤飯、好きよ」

「だって胸焼けするって」

「北海道の甘納豆が入っているお赤飯は胸焼けするの。あなたの作ったのは大丈夫。

 あっ、ケーキ二十人分焼いてくれる?」

「二十人・・・・」

「6日の日にね、お母さん人の前で話さなくちゃいけなくなったのよ。

二十数名だと思うんだけど・・」

と母と話したのは二月末のこと。

まったくねえ、と思いはするけど断るとすねるから、やるぞーと気合いを入れる。

いくつかリクエストがあったけれど、母の作ったカリンの蜂蜜漬けを使った、

人参ケーキを作ることにする。健康志向ということで一つ話ができるだろうし、

母の大好きな”合作”ということにもなる。

一応、気、つかってるんですよー幸子さん、とわたしは叫びたい。

大量に作る時は家内分業となり、たくやさんも参加。

約四十人分を焼いて、三十人分は母に送り、残りはウチのおやつにする。


f0119425_17221021.jpg



郵便局にケーキを出しに行った帰り、東のスーパーと西の雑貨屋で買い物をして

公園の前を通りかかった時、薄暗闇の空に浮かぶ高速道路の光のラインに見とれた。

ときどき高速道路の塀の上をトラックの背中が光りを帯びシューッと通り過ぎてゆく。

塀の上に立ってピカピカ点滅しているのは、たぶん高速道路を走る車のためのサインだ。


その意味を知りたくなって、公園に足を踏み入れた。


公園の時計はポールの上で6時10分を指し示している。

時計の向こうで、小さな子どもとお母さんがブランコにのって、空を飛んでいる。

しばらくするとお母さんはブランコから降り、子どもの背中を押してさらに

空高く飛ばす。笑い声があがる。

公園の奥に足を進め、ピカピカのサインが見て取れる位置に立って見上げてみたけれど、

角度と距離のせいか、何か太い線が引かれているのがぼんやりと見えるばかりだった


f0119425_17215143.jpg





3月1日のごはん


昼ごはん


お花畑ふうごはん 

若芽のお吸い物

煮物


f0119425_09042010.jpg

お花畑ふうごはん、もう一度作り直そう。

そうだなあ、彼岸の入りに作れたら、そうしよう。


夕ごはん


たくやさん、鯖の味噌煮など


わたし

Yさんと映画の後、有楽町ワイン倶楽部で、ワインとトリッパなど。



3月2日のごはん


昼ごはん

カレーうどんとお赤飯


f0119425_09041270.jpg


お赤飯の”おこわ”具合がよい感じ。


f0119425_09040523.jpg



夕ごはん

昼に食べ過ぎたので、軽く。

お赤飯

蓮根、きのこ、高野豆腐の煮物。

昆布巻き

豆腐となめこのお味噌汁。


f0119425_09035513.jpg


3月3日のごはん


昼ごはん

カレーきしめん

塩もやし


f0119425_09034628.jpg


もやしのおいしさに二人唸る。

手抜きがよかったのか・・・。


・きしめんのゆで汁利用の、手抜きの塩もやし


洗ったもやしをボールにいれて、その上に笊を置く。

ゆであがった”きしめん”を笊にあける。

もやしをゆで汁に一分ほどつけたままにする。

もやしの水分を切り、塩とごま油をたらりで出来上がり。

何がよかったんだろう・・・。

蕎麦のゆで汁でも同じにおいしいだろうか。


夕ごはん

春告げ若芽のしゃぶしゃぶ

湯豆腐

明石のたこ まぐろの漬けのごまよごし

〆はとろろご飯


f0119425_09033574.jpg


3月4日のごはん


朝ごはん


たくやさん

各種残りものと

めかぶ納豆

にんじんのぬか漬け

大根のお味噌汁とごはん

f0119425_09032588.jpg


わたし

調整のため

玄米小豆粥


f0119425_09031109.jpg

夕ごはん

新たまねぎのサラダ

キャベツの塩サラダ

鶏カツ

期せずしてわらじトンカツ

浅蜊のお味噌汁 ごはん


f0119425_09030405.jpg


パン粉の二度付けっていうことやってみました。

サクッ、とした食感が得られるということで。

食感もよかったけれど、大きくなりました、揚げ物。

パン粉は、たまご液を吸い尽くしました。


さいきん、一日の最後の台所の掃除は、冷たい水で仕上げるようにしています。

そうすると、さっぱりした清らかな風が台所に吹きます。

清々しいのがほんとうに気持ちよくて、明日もおいしいもの作ろう、と思います。



[PR]
by rika_okubo7 | 2014-03-06 14:11