r-note

ようやく安定してきたのかもしれないな  2月11日記

f0119425_06431536.jpg

たくやさんの「かっわいいー」という声で目が覚めた。

メジロさんがベランダのオリーブの木に二匹ぴったり寄り添

って留っている。

すだれ越しにメジロさんを見つめる。


すこし目があいてきた感触。

目がおかしいと気づいたのは去年の秋の頃、三菱一号館のPASS

THE BATONでアンティークのアズレージョを見ていたとき。

”アズレージョ、鳥の絵柄のポルトガルの青いタイル。硬く冷たい”

で終わってしまう。

アズレージョに近づけないし、いくら見てもタイルと私の距離は

現実のセンチメートルのままだ。

ふだんならもっと目の奥にいれられる。

目を見開いたり自分を空っぽにしてみても青いタイルとの距離は

変わらない。それどころか冷たく拒まれている感じがする。

タイルはタイルで、私は私。私はタイルの一片にもなれない。

どうして目がおかしくなったのかはわからないけれど、ああ、そ

うかな、じっくりと見ようとしてなかったのかな、無自覚に。

わからない。


ひさしぶりに古雑誌などを買って読む。COYOTE。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い、って本がおもしろ

そう。ビジュアル・ライティング。どんな紙面なんだろうなあ。

TSUTAYAで映画も借りてみよう。





お昼ご飯

ごまいっぱいの鶏そば。味付けはナンプラーと塩で。

f0119425_06431814.jpg

お夕飯

ボラの甘酢あんかけ。

玉子のスープ。

もやしの冷菜。

白いごはん。

あんかけはわたしの鬼門。今日もあまりよろしくない。

なぜかなあ。ボラさんに失礼だ。あんかけの研究がひつよう。

f0119425_06432165.jpg

by rika_okubo7 | 2015-03-14 06:55