r-note

橋を渡り青い空の下をしばらく散歩する   4月26日記 

f0119425_16244353.jpg

母がしていたからしぜんと私もそうしているけれど、食器

を求めたときは塩水で煮沸してから使う。

土ものならば、使う前に水に浸すことは色滲み防止にもな

るし、窯で高音で焼かれた器も水を吸って潤うとは思うけ

れど、磁器となればどうなのだろう。だからたぶん実際的

になにか効果があるというよりも、お清めや感謝という意

味合いが強いのではないかなあと思う。

今度母に訊いてみようかな。母も祖母から引き継いだこと

であればやはり意味を知らないかもしれない。けれど意味

なんて知らなくてもいいのかもしれないな。


晴れた。今日は選挙だ。迷う。

橋を渡り青い空の下をしばらく散歩する。


TVから聞こえてきた声にびっくりする「若布は分かれて

いるから若布というんです」と言った。そうなのか。そ

うなのか?ふうん。分からないなあ。じゃあ昆布は?

種類が多いってことかなあ。


4月26日の皿




[PR]
by rika_okubo7 | 2015-05-22 16:23