r-note

わたしはわりと好きな映画だった   5月5日記 

f0119425_18194854.jpg

「まあ、ずいぶん、乱暴な時代だねえ。」

映画が終わったとたんたくやさんはそう言った。

「あの時代の映画って何を言いたいのかわからないなあ。」

とも言う。

確かに。

時代は二十世紀初頭。頭のあたりは見損なったけれど、大河

ドラマ的なつくりの映画だ。”レジェレンド・オブ・フォール

果てしなき想い”。

わたしはわりと好きだった。

おもしろいというのでもないけれど。

ひたむきに生きて、死んでゆくのがよかった。時代に人に自分

にさえ振り回されて。

ひと人またひと人死に牧場の片隅に家族の墓が増えていくのも

よかった。痛みとともに安堵があった。


たくやさんと長い橋を渡り、隣りの街に向かう。

橋の左の大きな空に、一点、赤い凧があがっている。

白く霞むレインボーブリッジには車が音もなく流れている。


5月5日の皿




[PR]
by rika_okubo7 | 2015-05-26 23:26