r-note

8月23日(日)  武蔵さんのトウモロコシ

f0119425_10470079.jpg

秋風をはっきりと感じる。ココアや毛糸のセーターが恋しい。そ

う思わない?と同意を求めると、窓際でたばこを吸っているたく

やさんの肩が少し揺れて「僕はまだ暑いから、しばらくいいかな」

と言った。秋ですよ、秋。うれしいなあ。

今日は思いがけず札幌は石狩の武蔵さんからトウモロコシが届い

た。武蔵さんは今年の春に亡くなられて、だから息子さんご夫婦

の武蔵さんからのご好意なのだけれど、会ったことのない人たち

で、確か、自然食品のお仕事をされていると聞いた覚えがあるけ

れど、顔かたちも年齢も声さえも知らない。それは武蔵さんご夫

婦も同じことで、だから余計にありがたいと思う。電話だと何を

話していいかわからなくなりそうだからお礼はお手紙でしよう。

トウモロコシは20本入っていた。ますますありがたくなる。た

くやさんは時間をかけて彼のやり方で皮を剥いている。ツヤツヤ

光るヒゲを抜くにも時間がひつようで、むんずと掴みじわじわ引

っぱり、ずるりと抜く。その様子は、バービー人形の髪をまとめ

て奪っているようにも見えて、すこし痛々しい。ヒゲには利尿作

用があるので日干しにしてお茶にする。そして生前の武蔵さんに

教えられたとおり、トウモロコシを包んでいるうす緑の皮を一枚

残して茹でる。トウモロコシの甘い匂いが部屋いっぱいに広がる。

20本はさすがに食べられないので、茹でたてのアツアツを竹皮

に包んで、マンションのフロントの警備員さんたちに持ってゆく

と、とても喜んでくれた。男の人はそんなにトウモロコシが好き

なのかと驚くほどの喜びようだった。もしかするとただ単にお腹

がすいていただけかもしれないけれど。武蔵さんのトウモロコシ

は甘くて味が濃い。トウモロコシに前歯を立ててシャクシャクと

むしゃぶりついていると、風に吹かれて一斉に雄しべが揺れるト

ウモロコシ畑に、沈む太陽が鈍い光りを投げかける夕景が浮かん

できて、少しホームシックになった。


8月23日の皿








by rika_okubo7 | 2015-09-05 11:48