r-note

9月9日(水)  お山に向かう

f0119425_16255807.jpg

ときどき強い雨が降る。台風も来ている。

すこしためらったけれど、友だちのお山の店に向かう。

今はもう修繕してしまったからそんなこともなくなったけれど

雨の日のお店は素敵だった。

店の半分を占めている温室の席の、コンクリートの壁が雨を吸

い込むと、雨色の濃淡が壁に広がって水墨画のようになる。そ

れに、壁に雨がしみ込んでいるせいか、物音も小さくきこえて、

水の壁に囲まれているようにひっそりとしている。

雨漏りもすばらしかった。

雨が降ってくると雨粒が落ちてくるあたりに、大きい器や小さ

い器が置かれる。器が雨粒を受けると”ピチ”とちいさな音をた

てる。あちこちで”ピチ”とはねている。

温室の一角の雨に濡れすぎているテーブル席には誰も座れなか

ったけれど、屋内にその光景があることが素晴らしかったし、

映画なら雨好きの変わり者がわざわざその席に座り大きな傘を

ひろげて珈琲をすするシーンになるだろう。

今だって雨の日のお店は素敵だけれど、昔はもっと素敵だった

という話。

駅にひでさんが迎えにきてくれていた。ハシビロコウのように

どこか一点を見て微動だにしない。バスのなかから手を降った

とき鼻を触って”反応”をしたから気がついたと思うのだけど、

知らない顔をしている。声をかけたら「おーっ」と驚いた顔を

した。

お山の店には変わらずゆっくりと時間が流れている。ひでさん

としげこさんが作った空気だ。お店の周りの樹木もよく繁って

秘密の基地の様相を濃くしている。

夕方までゆっくりして、夜はKさんとRちゃんが遊びに来てくれ

るそうだから、宴、宴。


9月9日の皿




by rika_okubo7 | 2015-09-25 05:14