r-note

夕暮れ  11月6日記 

そろそろ真剣にやらないといけないんだけれど、首にストールを

巻いたりしてごまかしている。

あと数日で立冬。着るものがない。

洋服掛けに並んでいるのは夏の麻、薄手の木綿。

まだ暖かい日もあるからシャツ一枚で外に飛び出すと、世の中の

人は重ね着をしている。毛物のコートを着ている人もいる。

夕方靴の紐をキュッと結び日本橋まで歩く。

たくやさんは麻わたしは綿の服を着て。

佃大橋を渡るとき足がとまる。

陽が落ちた空には夜がはじまり、水平線のあたりには青から夕焼

け色の諧調が広がっている。深い紫色に揺れる川を弧を描くボー

トは上流にむかい、桃色の提灯をさげた屋形船は客を乗せ夕焼け

ののこる東京湾にむかう。

わたしたちがいつも渡っているかちどき橋は、緑と青のライトに

彩られて、はじめて見るもののように目にうつる。

薄闇にいっかしょぼわりと光が浮かんでいる、あたたかい光につ

つまれたちいさな建物は、しずかに十字架をかかげて、あれはセ

イルカだ。

聖路加タワーに目をうつし、Y子ちゃんは来ているんだろうかと、

9階のあかりを探す。

新富町を抜け、銀座一丁目に出る。

ホテル西洋銀座のビルが取り壊されて、更地の向こうに新しく建

ったビルの景色がひろがっている。

明治屋も耐震工事を終えて店のなかは太陽を抱え込んでいるよう

に明るい。


今夜秋の虫は鳴かなかった。



by rika_okubo7 | 2015-11-07 09:18